百蔵山へ宝探し!?携帯電話どこ行った~の巻

スポンサーリンク

最近物忘れがひどいTottoです。物忘れではありませんが、誰でも携帯電話が見当たらなくて焦った経験はあると思います、そんな時誰かにその紛失した携帯電話を鳴らしてもらって所在を確認しますよね、しかし鳴らしても所在が分からなくて困ったときに頼れるサービスがあるんです。そんなサービスを利用して約100km先で落とした携帯電話を発見するまでの大冒険です!!

今回の主役は母

母は山登りが趣味です、そして今回はハイキング程度の感じで日帰りで山梨県大月市にある『百蔵山』へ登りに行きました。わたくしTottoは山登りにまだ興味はありませんので『百蔵山』について良くわかりませんので調べてみました。

百蔵山
百蔵山 ももくらさん

百蔵山は山梨県大月市にある、標高1003mの山です。JR中央本線の猿橋駅から歩いて登山口まで行けます。(なかなか急な坂ですがtottoは車で登山口付近まで行きました)南斜面の登山道を登る間、ところどころで富士山を見ることができるみたいです。山頂は小広く、富士山の展望が素晴らしいらしいです。大月市が指定する「秀嶺富嶽十二景」のひとつなんですって。そして山梨百名山でもあるらしいです。

百蔵山についてとても詳しくわかりやすいサイト ヤマケイオンライン様です。

まあ今回は山登りの紹介ではないのでこの辺で。

事件発覚

百蔵山登山から無事に帰ってきた母、しかし事件はそこで発覚しました。

母。。『携帯電話が見当たらないの』

Totto。。『呼び出ししてみましょうか?』

母&Totto。。『。。。(耳を澄ましています)』

着信音、バイブレーションともに聞こえません、どうやら家の中にはなさそうです。

ケータイお探しサービス

落としたかもしてないので心当たりのある場所には電話で連絡して確認しましたが今のところ届け出はないそうです。そこで今回利用したサービスはNTT docomo『ケータイお探しサービス』です。

落とした携帯電話のGPSを利用して現在携帯電話のある場所を特定してくれるサービスです。なくしている間に万が一バッテリーが切れてもバッテリーが切れたときにあった場所までは特定できます。そして紛失した携帯電話の電源のオンオフも遠隔操作で出来ます。場所の特定は地図上で表示されますので非常にわかりやすいようです。事件などのときもこういった機能を使うのでしょうね。

そしてそのサービスで調べてもらった結果。。自宅から100km離れた百蔵山のどこか。。(笑)

半径50mのまでの場所の特定はできます、なので百蔵山のどこかにあることは確定しました。紛失した携帯電話はガラケーなので諦めて新しい携帯電話に変えようかどうしようかとその日は決まらずで終わりました。

諦めません!!

そして翌日、Tottoは仕事の為出掛けようと玄関に行くとそこには山登りに行く気マンマンな母がおりました。その日は東京でも雪が降ると言われていた次の日でしたのでひとりで行こうとしていた母を慌てて制止して、とりあえず今日は危険なので作戦を立て直しましょうということで納得してもらいました。

家族みんなで宝さがし

次の日は祝日、家族全員休みだったのでみんなで車で百蔵山へ探しに行くことになりました。Tottoの家から百蔵山まで高速を使って車で1時間ちょいちょっとしたドライブ気分です。

Totto的には宝探し気分で楽しそうだったので山に登りたかったのですが。。

わが子
僕もTottoと一緒に登る~♪

登ったらきっと

わが子
抱っこして~(泣き)

なんてことになりますので今回はママに宝探しをお願い、登山口まで車で行って母とママを降ろしてTottoとわが子は携帯電話捜索中は大月市内を散策するプランにしました。

宝探しに参加できなかった男2人

大月駅へ列車を見に行って来ました♪詳しくはスピンオフブログで(笑)

大月駅に富士山ビュー特急を見にいってきたよ♪スピンオフブログ

2019.02.20

お宝発見!?

男二人のんきにお散歩している間。。。

こんな感じの山道を登って山登りした当日の記憶を辿って休憩した場所や通ったところを探し歩くこと1時間。。。

モザイクが掛かっておりますが嬉しそうな顔してます

見つけました~!!!

山を登っているときに休憩した場所で落としてしまったみたいです。何の目印もない木に腰かけて休憩してたので探すのに少し苦労しましたが無事に携帯電話発見できました。人が通る道の上で落としたわけではなかったのでそのままポツンと落ちていたそうです。

お散歩しているのんきな男2人へ連絡が!

楽しくお散歩している男どもに連絡が。。。

冷静な対応(笑) そのわけは。。。まだまだ時間が掛かると思って男2人は次の目的地リニア見学センターに向かっている最中だったのです。見つかったのはうれしかったのですが次の目的地まであとわずかのところまで来ていましたからもう少し手こずって欲しかった(笑)

まあお宝も見つかった事ですし新たな目的地には行かずに引き返してお迎えに行きました!

まとめ

今回携帯電話の紛失から始まったお宝さがしですが携帯電話を紛失したときに受けられるサービスがこんなにも精度が高く便利だということを初めて知りました。みなさまも万が一紛失しても諦めずに探しあてましょう!

登山口までお迎えに行った後は山梨県の郷土料理『ほうとう』を食べてその後は男2人の次の目的地リニア見学センターにみんなで行って来ました♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。