スポンサーリンク

簡単!?『自分でできるiPhone6Sバッテリー交換【3つの注意すること】やらかした編』

スポンサーリンク

どーもTottoです。

最近の携帯電話って本体価格が高いですよね、まあ今までが安すぎたのかもしれませんがこの価格では簡単に機種変更なんてできません。なのでTottoはiPhone6Sをいまだに使っております。機能的には別に問題はないのですがバッテリーが一度も交換しておりませんのでフル充電でも1日なんてもちません、モバイルバッテリーを常に持ち歩いて対応していたのですがかさばるしなかなかの重量で面倒くさくなってしまいました。そこで以前2回ほどiPhone5Sでチャレンジしているバッテリー交換を自分でやってみたいと思いました。

『素人がやってみた!iPhone6Sバッテリー交換編』どうぞ!!!

※iPhoneを自分で分解するとAppleの保証を受けられなくなります。故障の原因にもなりますので、試される方は自己責任でお願いします。

Amazonにて中国製バッテリー購入

昨年アップルストアーにて3200円にてバッテリー交換なんて話もあったのですがなんかアップル側よりいろいろやることの指示がたくさんあっておじさんTottoは拒絶反応を起こしてしまいました(笑)

なので安く交換できる期間をのがしてしまいましたのでAmazonで安いバッテリーを買って自分で交換してしまいましょうというのが今回の経緯。

iPhone5Sのとき自分で交換して若干、冷や汗をかいた記憶もありますのであまりやりたくはなかったのですがその冷や汗の記憶も少し薄れてまたやってみたい気持ちと充電切れの不便さが上回ったのでまたやることにしました。
スポンサーリンク

 購入した商品はこちら↑

レビューでもなかなか高評価なのできっと大丈夫でしょう、交換用の工具もセットになっておりますので誰でもこのセットだけで交換できます。ちなみにTottoは交換工具セットを持っております♪
スポンサーリンク

 以前購入したこの商品、こんなところで活躍すると思っておりませんでした。

『自分で交換iPhone6Sバッテリー』 商品届きました

Amazon得意の大きな箱なのにスカスカ梱包(笑) バッテリーなので大袈裟な梱包になるのでしょうかね。

専用工具セット

バッテリー本体とバッテリーを固定する両面テープと説明書

この説明書が非常に親切でわかりやすかったです。ネットでやり方はたくさんアップされてますのでそちらでもわかるのですが説明書が目の前にあると非常にやりやすいです。

ちゃんとPSEマークも記載されてますのでとりあえず安心です。

厚みは3.43mmから3.37mm少し厚みにムラがあります。


デジタルノギスこれもとても便利です↑

ちなみに純正のバッテリーは取り外してから計測したのですが3.17mmでどこを測っても均等な厚みでした、さすが純正です。

ちなみに今回購入したバッテリーは純正よりも大容量らしいです。

レビューによりますと何かで容量を計測した方がいて純正と変わらない容量で全然大容量ではなかったとおっしゃっている方もおりました(笑)

まあTottoは大容量じゃなくても構わなかったので気にしていませんが。厚みが分厚くてもケース内に収まってくれさえすればいいです。

いざ分解!!

まずは電源を落としましょう。説明書によると既存のバッテリーを使い切ってから作業を始めましょうと書いてありました。

しかしそんな時間もなかったのでそれは無視して作業します。

本体の底についている星型のネジを付属の専用工具で外します。

このネジの正式名称はトルクスネジと言います。

ネジを外したら画面に付属の吸盤を貼り付けて引っ張ります、すると画面と本体に隙間ができますのでそこに付属のヘラを差し込みます。この作業が結構大変で本体を万力か何かで固定しておけば簡単なのでしょうがそんなものはありませので左手で本体を掴んで右手にヘラを持ちながら吸盤を引っ張る、そして少し空いた隙間に右手に持ったヘラを突っ込む!!!

力を入れすぎると吸盤が外れますから絶妙な力加減で隙間をキープするのがポイントです。

これは画面が割れている人は吸盤が取り付けられませんからどうするのか疑問です。

隙間にヘラが入れば後はゆっくり画面を外していきましょう、ゆっくり動かさないと画面が割れることもありそうです。

画面が外れたら90度以上傾かないように何かで固定しましょう、Tottoはノートパソコンの画面に立てかけて作業しました。

90度以上傾けると接続作業されているケーブルが断線しますので注意してください。

結構簡単に切れます(汗)←実証済み

そしたらバッテリケーブルを外しますのでケーブルを保護しているカバーのネジを外します。

カバーが外れたらコネクターが見えてきますのでヘラでパかっと外します。

次はフロントパネルと本体をつないでいるケーブルを外します。

指示通りのネジを外してケーブルを保護しているカバーを外します。

カバーを外すと3つのコネクターがありますのでそれをヘラで外していきます。

これで本体とフロントパネルは外れますのでバッテリーを外す作業ができる状態になりました。

ところがTottoはやらかしました!!!!

3つのコネクターの一つを外さないでフロントパネルを外そうとしてケーブルを半分断裂してしまいました。

ガビーン。。。

半分残っているから大丈夫かな。。。淡い期待を抱きつつバッテリーを外す作業をしました。

バッテリー外しは次のページです↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。