iPhoneの画面が割れたときの修理方法 オススメ交換用フロントパネルはこれだ!!

スポンサーリンク

どーもTottoです。

みなさんスマホは何をお使いですか?

TottoはiPhone6Sです。

もう古い機種ですが特に不具合もありませので買い替える必要もないかなと思いずっと使っております。

しかしとうとうやってしまいました。。。

携帯落下→画面割れ。。。

Tottoにとってこれくらいで携帯を買い替える理由になりませんので修理しましょう。

今回はそんなiPhoneでよくある画面割れからの交換、使用レビューを報告いたします。

※重要※

個人で行うiPhoneのパネルやバッテリー交換は完全に自己責任となりますので、予めご了承ください。また、自分で交換してしまうと、今後Apple Care+の対象外になるケースもあるのでご注意ください。

画面が割れる原因

iPhoneの画面は割れやすい?

iPhoneの画面はガラスパネルですから落としたら簡単に割れますよね。

この事故への対策はアップル側は考えないのでしょうか??

携帯カバーである程度は保護しておりますがそれでも今回は割れてしまいました。

落とすなってことなんですかね(笑)

現状

携帯でいつも写真を撮ってブログにアップしているのですが、今回携帯の画面交換用写真は携帯で撮れませんのでビデオカメラで写真を撮っております。

なので画像が粗いし暗い。。。

割れている画面を撮っておりますがわかりにくい。ですが確実に割れているのです。

画面が割れたときの修理 3つの選択肢

さあ画面が割れてしまったらどうしましょうか?

いくつかの方法がございますのでご紹介します。

Appleにて修理

バックアップを取ってApple Store 直営店やApple 正規サービスプロバイダに持ち込むか郵送で送って修理をしてもらう。

iPhoneCare+に入っていれば費用は3400円(税別)保証期間内2回までこの金額で修理してもらえます。

ちなみに保証なしでの正規金額は16400円(税別)です。

メリットは純正部品ですのでクオリティは最高、デメリットは修理完了するまで日数が掛かる事

Apple公式サイト
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

携帯修理ショップで修理

検索で『iPhone 修理』と入れればたくさん出てくる街の修理ショップ。

予約なしで駆け込んでも忙しくなければ修理してもらえます。

しかし交換パーツは純正品ではなく社外の対応品。パーツのクオリティはいまいちですが早ければ30分くらいで修理完了。

メリットは修理時間が短い、価格安い、デメリットはパーツのクオリティがかなり低い。

スマホ修理工房 公式サイト
https://s-phone.jp/phone/

自分で修理

Amazonなどで『iPhone フロントパネル』などと検索したらたくさんパーツが出てきます。

口コミなどをみて自分で商品購入、交換工具や交換手順の説明書なども付属されておりますのでそちらを参考に自分で交換。

ある程度器用な方でしたら簡単に交換できると思います。

メリットは安価で自分の空いた時間で修理できる。デメリットは失敗したら元に戻せなくごみになる。

 

オススメ格安修理方法

Tottoはもちろん自分で交換しますのでAmazonで購入いたします。

iPhoneの交換用パネルは純正品じゃない商品がたくさん出てきます。

実はTotto、歴代iPhoneの画面交換4回目です。

最初はiPhone5Sその後もう一度5S、そしてiPhone6Sは2回目なのです(笑)

前回の交換は。。。

自分でできるiPhone6Sバッテリー交換【3つの注意すること】ーやらかした編ー

2019.06.12

しかし交換用パネルのクオリティが各社様々、前回交換したパネルは携帯修理ショップで仕方なく購入した商品。

金額は倍以上で画質、発色、タッチ感すべてがいまいち。。。

きっと安価な粗悪中国製だったのだと思います。

今回は純正パネル再生品とうたっているこの商品を購入しました!!

スポンサーリンク

ホワイトパネルとブラックパネルで金額が違います。
Tottoのパネルはホワイトですが安いほうのブラックを迷わず選択!!
たまにはブラックでも良いでしょう(笑)
購入価格1881円!!激安

オススメ交換用パネル

Tottoが注目したのは純正再生パネルってところです。

液晶や配線等の主要部品は純正品をそのまま再利用しているというところがポイントです。

前回のパネルは発色や画質がわるかったのできっと粗悪なパーツを使っていると思われます。

それが純正パーツの再利用でしたらきっと画質発色は純正品と同等だろうと思ったのです。

iPhoneフロントパネル 交換作業

※すべての作業は自己責任でお願いします

作業開始前の注意
・データバックアップを取る

・バッテリーの残量をなくす(Tottoはそのままやってしまいますが)

・ビスがとても小さいので両面テープなどを下に貼り付けてそこにネジを貼り付けていけば迷わないしなくしません

↑両面テープに番号を書いて外したビスを貼り付けて行きます

細かい作業工程は購入した商品にのっておりますのでそちらを参照してください。

まずは星型のネジ2本外したら吸盤を使ってパネルを少し持ち上げて隙間にヘラを差し込んでパネルを開けていきます。

↑パネルと本体につながっているケーブル類を外す

↑今回は無事に外れました(笑)

↑フロントカメラとスピーカーを移植しなくてはなりません

↑テープでついておりますので部品を破損しないように外します

↑新旧比較、全然違うじゃんって思いましたが保護テープが張ってあるからです(笑)

↑ホームボタンの移植、3つのビスを外せば簡単に剥がれます

↑本来3つあるビスがなぜか1つ付いておりませんでした(汗)

これのせいで3Dタッチが効かなかったという疑惑が沸いてまいりました。。。

↑ビス6本外して裏の板を外します、すでに外れています

↑歴代パネル比較、一番左が前回のパネルまん中は新パネル右は壊れた純正パネル

↑フロントカメラとスピーカー取り付け、結構細かいのでピンセット必須です

↑全部移植完了♪

ホームボタン用のビスは後日、購入してきちんと止めました。

スポンサーリンク

あとは逆の手順でケーブルを取り付けてフロントパネルを取り付けたら完成です♪

本来のパネルはホワイトなのでホームボタンだけ白になってしまいました(笑)

iPhoneオススメフロントパネル 動作テスト

早速電源オン。。。。

出た、リンゴマーク。。。

きちんと画面写っております大成功!!!

3Dタッチも機能しております

横からの見てもはっきり画面が見えます

まとめ

今回、自身5回目のフロントパネル交換でしたがもう失敗する気がしません

そして今回の純正再生パネルの実力には大満足です♪

内部的な故障や今後新しく発表されるiPhoneに魅力を感じてこない限りこのiPhone6Sをとっても大切に使い続けようと思います。

純正再生フロントパネルとてもオススメですよ♪

自分でできるiPhone6Sバッテリー交換【3つの注意すること】ーやらかした編ー

2019.06.12

自分でできるiPhone6Sフロントパネル交換 【3つの注意すること】

2019.06.12

スポンサーリンク

芝奴隷シリーズ 3月の芝生 春の目覚めを気持ちよく迎えていただくためには?

2020.03.23

幼児の知育に役立つ『ジグソーパズル』秘めたる【5つの効果】

2020.03.18

アマゾンレビュアーランキングー2020年3月18日現在ーまたまた大量削除!!でももう慣れました

2020.03.18

お掃除マル秘テクニック!!車の洗車用ブリスTYPE RSはお家の中でも活躍します。

2020.03.16

洗面所の掃除のコツ!落ちない汚れはこうやればピカピカになります

2020.03.13

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。