トイレ便座が割れた?ウォシュレットが使えない?自分で直しましょう!ついでにオート洗浄付けました。

スポンサーリンク

どーもTottoです。

トイレのウォシュレットってとっても便利な機能ですよね、そして一度使うと今度はウォシュレットがないトイレに不安感すら感じてしまいます。

ある日、ウォシュレットが壊れてしまったから直して欲しいと母から連絡があったので早速、見に行って来ました。

トイレ修理シリーズ 状況見分

電化製品は経年劣化で部品交換しないと直らないものもありますが、そんなに古いものでなければ大体直ってしまうと思い込んでいるTottoです。

今回の症状はまずは便座の付け根の部品が折れてしまった、そしてそれ以来、ウォシュレットなどのいろいろな機能が使えなくなってしまったということでした。

わかりました、とっても簡単です。便座が上に上がっている状態ではすべての機能がオフになるように便座自体がスイッチの役割をしております、そのスイッチは便座の付け根についております。なので便座の付け根が折れて便座の開け閉めによるスイッチングが機能しなくなって常にオフの状態になっていたのです。

そのスイッチ自体は常にオフになるように上に上がる力が働いております、そして便座を傾けると便座の重みでゆっくりだんだん傾いて便座が降り切るとスイッチオンの状態になります。

スイッチにかかる圧があるから便座は程よいスピードで下に下がってくるのですね。

トイレ修理シリーズ さっそく直しましょう。

付け根はプラスチックでできておりますので接着剤で付ければいいかなと思ったのですがスイッチをプライヤーで挟んで回してみたら結構な圧が掛かっており接着剤で付けたくらいではまた外れるのがオチです、2液エポキシ接着剤で接着して、さらにネジを貫通させて強引に固定してしまいましょう。

ネジがスイッチのバーを貫通して固定しております。

便器を上げているときはネジが見えてしまいますが便器を降ろせばこのネジは隠れてしまいますので見た目もきれいです。

この部分は結構頻繁に動かすところなのでもう少し強度があっても良いと思いました。しかし大手のTOTOですから何万回もテストしての結果、商品として世に出していると思いますのでたまたまのハズレ商品だったのか、使い方が悪かったのかわかりません。TOTOに修理依頼したらきっと便座ごと交換になったと思います。

トイレ修理シリーズ 結果は?

修理結果はもちろん直りました。ただ力業での修理ですので今後便器を開け閉めしていたらもしかしたらプラスチックが耐えられずにまた割れる可能性はあります。ただテストで激しく動かしてもビクともしませんでしたのでしばらくは大丈夫でしょう。

今度割れたらときは便座交換します。。。

次はついでに機能を追加したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。