スポンサーリンク

5月の芝生 雑草駆除に除草剤を使うときの【3つの注意点】

スポンサーリンク

どーもTottoです。

5月ともなるとだいぶ暖かい日が増えてまいりますよね、そうなると芝生も成長しますが雑草たちも元気に育ってまいります。

今回の主役はクローバー。。。幸運を呼ぶ『四つ葉のクローバー』芝生にとっては全然幸運なんか呼びません、こいつは厄介なので早めに退治しましょうとやつらをやっつけたお話。。と除草剤を使うときに気を付ける【3つの注意点】です。

それでは芝奴隷シリーズ『クローバー全滅大作戦』どうぞ!!!

『芝奴隷』 そもそもクローバーとはなんですか?

シロツメクサ
日本でいうクローバーとはシロツメクサと呼ばれるマメ科の植物です。原産地はヨーロッパで多年草の雑草です。日本には明治時代に牧草として輸入されたのが始まりと言われており、それが野生化して雑草として日本中で繁殖しました。

なかなか見た目は可愛くおしゃれな雑草なのですが芝生の中に繁殖すると横方向にじわじわ繁殖して芝生の上を覆いそのままにしておくと芝生から光を奪いどんどん繁殖して芝生を枯らしてしまいます。

カタバミ
カタバミ科の植物でハート型の葉をした広葉の多年草です。春~夏に花を付け、地下茎で繁殖します。抜き取っても根が残ってしまい、駆除が非常に困難です。

カタバミも見た目や可愛さが似ている植物ですが芝生にとっては同じような害がありますのでまとめて駆除いたします。

『芝奴隷』駆除方法?

雑草の駆除にはどんな方法があるのでしょうか?

手で抜く

この方法は春先の雑草がさほど繁殖していないときには有効です。根がまだ下のほうまでのびておりませんので完全に駆除できます。しかし下のほうまで根が伸びてしまった雑草には完全に駆除することは難しいでしょう。取り切ったつもりでいても残った根から再び雑草が繁殖してきます。

薬剤使用

雑草を駆除するにはとても簡単です。しかし薬剤の量の調整が難しく薬剤の量を間違えたら芝生自体にダメージを与えてしまう事もあります。薬剤が少なすぎると雑草にダメージを与えることができません。気温によっても薬剤の量が変わってきます。

『芝奴隷』今回の駆除方法!!

今回5月中旬、芝生も元気ですが雑草もなかなか元気な状態ですので手で駆除するのはなかなか大変なので薬剤を使用しました。

今回使用した薬剤はこちら

MCPP薬剤
広葉雑草を選択的に枯殺するフェノキシ系の除草剤。公園、工場などの芝生用除草剤として使用できる。

というこの薬剤、芝生を生かして雑草を枯殺してくれます。仕組みは。。。

MCPP薬剤
散布液が主に雑草の茎葉部から吸収されると、地上部の生長点や根部へ移行します。植物体内での内生ホルモンの正常な働きをかく乱、茎葉のねじれなどの異常、呼吸作用の異常増進による光合成能力低下を起こし、枯死に至ります。

丸和バイオケミカル様 引用

植物内のホルモンの働きをかく乱させるってすごいですね、研究した人に感謝です。

『芝奴隷』薬剤散布してみましょう

この日は気温18℃、除草剤散布には適温でしょう。丸和バイオケミカル様の説明ですと1㎡あたり薬剤0.5mlで良いそうです。とはいってもそんな細かい量をわたくしTottoが調整できるわけがありません。

この薬剤を

ほどほどジョウロに入れてどばーっと

またまたこの薬剤を

ジョウロに入れてどばーっと!!

このカタバミさんは後日どうなっているのでしょうか?

数日後のカタバミさん

1週間後のカタバミさんは見事に枯れておりました♪

薬剤の威力はすごいですね、ただ薬剤の量を間違えると芝生にもダメージが。。。

除草剤撒きすぎたのかもしれません、かなり適当に作業しておりますので芝生までも枯らしてしまいました。

しかし今度は芝生に肥料を与えてあげればまたきっと元気になるでしょう♪

『芝奴隷』まとめ

除草剤を使用するときの注意点

・雑草の種類によって使用する薬剤を変える

・薬剤の仕組みを理解してから使用する

・薬剤の説明通りに気温なども考慮して薬剤を配合する。

今回除草剤を使用して見事に雑草を枯らすことができましたが芝生にも若干ダメージを与えてしまいました。これは繰り返し経験していけばきっと適量の配合など感覚的にわかってくるものだと思ってまた雑草が出てきましたらチャレンジしたいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。