Tottoのひとりごと9

スポンサーリンク

先日わが子の保育参観に行ってまいりました。2歳児クラスなのでまだ親の存在に気付いてしまうといつもと違う様子になってしまうので親はいつも通り送りをして帰った振りをしてから参観が始まります。

まずは室内遊び風景。園庭側にある窓にはいつもは開けてあるはずのカーテンが閉まっており、外側には簾が張ってありとても不自然な状態になっています。そんな不自然な状態でも子供たちはいつもと変わらずキャッキャ遊んでいます。そのカーテンの隙間から中を覗いて参観します。はたから見たら完全に不審者です(笑)そして中で遊んでいるわが子を見てニンマリするさらに怪しい不審者のわが夫婦。

そのあとはお散歩へ出かけるので子供たちの列の後を見つからないように電柱や車の陰に隠れて追いかける怪しい夫婦。そして公園で遊んでいる子供たちを木に隠れながら参観する怪しい夫婦。

その後園に戻って園庭で遊ぶ姿を駐輪場の陰から参観する怪しい夫婦。

そしてお昼ご飯を食べている姿をまたまたカーテンの隙間から除きニヤニヤする夫婦。

そんな感じでいつも保育園で過ごしているわが子の様子を参観することができました。

最後に先生と個人面談をしていろいろ園での様子やわが子の今後の成長についてお話を聞かせて頂きました。

家で見せる様子と保育園での様子では結構な違いがありました。家では甘えてばかりで自分で何もできない素振りのしていますが保育園では甘えずに結構がんばって自分で何でもやっておりました。小さいながらちゃんと社会に溶け込んで気持ちを使い分けていることにとても関心しました。外ではがんばっていますので家ではたくさん甘えさせてあげようと思いました♪

あっ、保育参観の日は子供には目立つ服を着させましょう。遠くで隠れて参観しましので目立つ服装じゃないと探すのが大変です。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。