スポンサーリンク

もう3月、今年もいよいよはじまりました、芝生様が目を覚ましますよ!?目覚めを気持ちよく迎えていただくためにしたこととは?

スポンサーリンク

いろいろなことを自分から始めて、忙しくて泣きが入ってしまうTottoです。3月から10月くらいまでTottoの時間を奪うのは芝生様です。そろそろ暖かくなってきましたので芝生様が目を覚ます前にやっておかなくてはいけないことがあります。

3月上旬の芝生

寒い冬を越して枯れた芝生の下では暖かくなるのを新芽が待っております。新芽が気持ちよく成長していけるようにやらなければいけない作業はサッチング(サッチの除去)とエアレーションと雑草取りです。

サッチとは
芝生の刈り草や冬枯れした葉、古い根などが土壌の表装や浅い部分に堆積して層を成したものを「サッチ」と言います。
エアレーションとは
芝生は根で養分を吸収し呼吸もしております。しかし、芝生を育てている年数が経つにつれ、次第に土壌が固まり、根が呼吸しづらい状態となります。そこで、適度に土壌に穴あけをすると、密生した根茎をほぐし発根を促し、通気、通水性をよくして、芝生を若返らせることができます。養分もきちんと吸収してくれるようになるでしょう。つまり、根が元気でない限り、芝生が健康であることはありえないのです。

サッチング開始

鉄製の熊手でシャカシャカほじり集めます。一応毎年やってますけど毎年かなりの量のサッチが取れます。

サッチの取り除くと緑の新芽の芝生様が出てきます。

ほんの一部でもこれだけの量が集まります。

枯れた芝生の隙間から土の色が見えるようになりました。

全体のサッチを集めた写真撮り忘れましたが大きなごみ袋で3つでした。

エアレーション

こんな道具を使ってやります。ローンパンチという器具です。

スポンサーリンク

両側に筒状の金属が付いていてまん中には刃のようなものが付いております。

筒で土を間引きして刃で芝の根をカットしていきます。

これ最初は楽しいのですが結構、重労働です。

四角く線が見えるところは少し下地がくぼんでおりました、その部分にエアレーションで取った土を入れて平らにして芝生を戻しました。取り除いた土も有効活用しないともったいないですから。

まとめ

いよいよ芝生シーズン開始って感じで軽く作業してみました。この積み重ねがシーズン中の青々とした芝生につながるのです。そう思い心が折れないように今年も頑張って奴隷作業に励みます。

次回は雑草の駆除の為の除草剤と目土作業をお送りします

スポンサーリンク

9月の芝生、そろそろ落ち着いてきてますか?ー芝奴隷ー 9月17日現在

2018.09.21

芝奴隷シリーズ 8月の芝生の作業はこれだけ!!どんどん伸びる芝生をきれいに刈るコツ!

2018.08.22

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。