くるぞわたるぞ!カンカン踏切セット。使ってみたらなかなかハイテクだった!?

スポンサーリンク

プラレールが大好きなわが子、3歳の誕生日プレゼントのリクエストを聞くともちろんプラレール。そんなわが子にプレゼントした『くるぞわたるぞ!カンカン踏切セット』使ってみた感想です。

開封後の作業

『カンカン踏切セット』結構パーツ多いです、そしてパーツにはデフォルトの状態では味気ないです、それはステッカーが貼ってないのでただの駅の形をしたプラスチックです。まだ3歳の息子には到底無理なので親はまずはこのステッカー張りの作業から開始です。取説に詳しくステッカーの番号と張る場所が明記されておりますので間違わないように慎重に張ります。

 

だいぶ張り終わってこれだけ減りました。Tottoは几帳面なのでシールの位置が曲がったりするのが大嫌いです、なので細かいところはピンセットを使用して張りました。

完成の状態

時刻表、自販機、ベンチ上の広告なかなかリアルです。最近時刻表って駅で見かけた記憶がありません、携帯アプリですべて調べてしまうので必要なくなってしまいました。

イスにはプラキッズがセットできるようになってます。

自動改札機、雰囲気出てます。

踏切のバーのシールがピンセット使用しないとTottoはキレイに張ることができませんでした。歩行者用の通行ラインもシールです。

動かしてみた

トミカ動力ギミック

トミカを坂の上に運ぶギミックです。この羽のような大きなプラスチックが電動で回転してガッチャン!ガッチャン!トミカを坂の上へ運び続けます、電源が入っている間永遠に動き続けますので結構うるさいです。

車両カウンター

ここに車両を数えるカウンターがあります。連結している車両数をカウントして『次の車両は○○編成で参ります~』なんてアナウンスが流れます。このカウンターにタイマー的な機能のか車両がなかなか通過しないと『本日は大きなレイアウトで遊んでいただきまことにありがとうございます』なんてアナウンスが流れます(笑)

車両の車輪をカウントしているのだと思います

踏切にもカウンターがありました

踏切警報灯

踏切の警報灯は現在最新式のLEDで丸く点滅する『全方向警報灯』をリアルに再現しております。

車両コントロールパネル

電車が駅に停止すると『閉まるドアにご注意ください、ピンポン♪ピンポン♪』なんて音声が流れますからそれに合わせてコントロールパネルを操作してそれっぽく車両を発車させます(笑)

電車が発車していない間はトミカの発進ボタンを押してトミカを踏切横断させます。電車が通過している間は踏切の遮断機が下りてますからトミカは通過できません。

車両切り替えスイッチ

こちらのスイッチで『新幹線』『特急』『機関車』を選択すると車両に合わせたアナウンスとサウンドになります。

70種類のサウンド全部聞けるかな

機関車の駅長さんすこしふざけてる

わが子の様子

まだ購入したばかりですが今のところかなり気に入っております。車両に合わせてサウンドをセレクトしたり、サウンドに合わせてちゃんと発車させたりトミカもきちんと操ってます。3歳でも十分ルールを理解して遊んでおります。

まとめ

こちらの商品はプレゼントしてよかったと思うものでした。ただ走らせているだけではなく子供がストーリーを想像しながら遊んでいるのが感じられます。サウンドもいろいろありたまにわが子がいないときTottoもひとりで動かしていろいろなサウンドを楽しんでおります。3歳でもちゃんと理解して設計者の思い描いたように遊んでおりますのでおじいちゃんおばあちゃんお孫さんのプレゼントにはきっと喜ばれると思います(笑)

しかしシール張りはなかなか大変ですよ。。。マックのハッピーセットのおまけもシール地獄

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。