プラレール修理ついでに改造、早いぞ登るぞ TORQUE-TUNED2MOTOR

スポンサーリンク

なんでも分解したくなってしまうTottoです。わが子のプラレール東武スペーシアが上り坂を上らなくなってしまった。なにやらギヤーが滑っている感じだ。じゃあ分解して原因を探してみましょう。

それでは分解

カバーを外す

旧メカなので本体のカバーは指で挟めば外れます。プラレールもいろいろ改良されていて新メカの車両はプラスのネジを外さないと電池交換できません。面倒ですが子供のハードな遊び方でもカバーが外れないから良いのかもしれません。

by カエレバ

 

 

動力部分をはずす

底に2つのビスがありますから外しましょう。

ビスをはずしたらあとは爪で引っかかってるだけですので簡単に外れます。

動力部分の分解

以前分解しているのでもう付いておりませんが本来は上にカバーが接着してありますのでそれをはがします。はがすとモーター端子にはんだ付けしてあるのが見えてきます。このはんだも溶かして外します。

横にあるプラスのネジを外します。

あとは2カ所爪で引っかかってるだけなのでパカッと外れますが慎重にやらないとギヤーとスプリングが飛んでいきます。

原因究明

分解ついでに今回はモーターも変更します。わが子は大量に連結して走らせますので高トルクのモーターに変更です。トルクチューン2モーター。

by カエレバ

 

 

いろいろ手で動かしてみたところモーターのピニオンギアと車軸のギアが隙間が空いて滑っていたようです。

このギヤを少し下げてモーターについてるピニオンギアとのクリアランスを減らします。

ギアの位置を2mmくらい下げました。

かなりがっちり噛んでます。

組み立て

分解の逆の手順で組み立てていくのですがあらかじめ新モーターの端子は少し持ち上げておいてください。そうしないとはんだ付けする端子に届きませんので。組み立てるときのギヤの位置はパズルのようにいろいろはめてみると構造が理解できて面白いと思います。組み立てましたらカバーの爪をひっかけて端子をはんだ付けしてください。このカバーの締りが悪いとギヤ―の滑りにつながります。Tottoはもうこの車両は分解したくないしもうしないので爪をはんだで溶かして圧着してしまいました。

まとめ

やはりモーターのピニオンギヤ―のクリアランスを減らしたことでギヤ―の滑りはなくなりました。モーターも変更しておりますので上り坂をぐいぐい力強く登るようになりました。スピードもそこそこ速くなりなかなかオススメなモーターかと思います。

旧メカはやや改造が面倒なのでもうやりたくありません。今後はほかの新メカ搭載の車両のモーターをいろいろな種類を試してみたいと思います。

最近セット販売のドクターイエローが高速仕様になっておりますがモーターを変更しているのかギヤ比の変更なのか分解して見てみたいです。

by カエレバ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。