キッチン快適化計画ー塗装編ー

スポンサーリンク

形としてはだいぶ完成に近づいてきたわが家のキッチン隙間のコーキングと塗装をして仕上げていきたいと思います。

マスキング&コーキング

まずはキッチンとテーブルの隙間のコーキング。マスキングテープで隙間以外を養生します。そしてコーキングガンを使ってセメダインシリコーンシーラントを隙間に入れていきます。そのあとコンビニでいただいたスプーンで一気に均していきます。コツは止まってはいけません、止まるとその部分が盛り上がり再度そこからスタートするシリコーンが盛り上がり仕上がりが汚くなります。

多めに盛りつけておかないと足りないところが凹んでしまうのでたっぷり注入しておいてスプーンで均して余ったシリコーンはマスキングテープの上にはみ出させます。均し終わったら乾く前にマスキングテープを剥がしましょう。剥がすときには何かに巻き付けながらマスキングを取っていきます。シリコーン付きのマスキングテープを落としたら悲惨ですから。。

マスキング剥がし

剥がしたら乾くまで触らないように気をつけましょう。本当は乾くまで待ったほうが良いのですが我慢できなかったので次の工程の塗装をしてしまいました。

塗装

塗ったのはこれ WATOCOオイル ダークウォルナット わが家のいろいろな木材の塗装につかっています。結構つかっていますので缶が汚いですが許してください。

 1Lなので結構な面積を塗ることができます。

なんかイメージよりも濃いです。。この塗料も結構使っておりますので最初のほうよく混ぜずに使っていたので最後は濃い塗料が残ってしまったのでしょうか。。でも塗ってしまったものは後戻りできません。塗ります。

刷毛はこちらを使いました。スポンジなので広い範囲を簡単に塗れます。

 

テーブルと側面塗り終わりました。この時点で色の濃さに少し愕然としておりました。前面を塗らないでこのままの状態でも良いかと自問自答しておりましたが最初に決めた方針で続行しました。

塗り終わりました。うーん。。なんとなくイメージと違いますがもう戻れません。イスや他の小物類でなんとかなるのでしょうか。。

まとめ

今回はイメージと違うカラーになってしまったので気持ちが落ちてここまでです。イスのカラーなどで雰囲気が変えられればいいのですが。少し考えてみます。残りの作業は照明関係ですかね。また気持ちを盛り上げて頑張ります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。