赤ちゃんの鼻水ちゃんと取ってあげてますか?きちんと取ってあげないと大変なことに!?

スポンサーリンク

くしゃみ、鼻水・・鼻腔を洗い流す為に出ているのです。薬で止めるのではなく鼻水はティッシュで鼻をかめばいいのです。

そんなことが書いてあるサイトがありました。その通りだと思います。しかし出ている鼻水がかむことができればいいのですが、上手に鼻をかめない幼児は溜まった鼻水から副鼻腔炎をおこしたり中耳炎にもなったりします。親がきちんと取ってその脅威からお子様を守ってあげましょう。

いろいろな吸引器 

商品紹介

ママ鼻水トッテ

「ママ鼻水トッテ」は、鼻水・鼻づまりをスッキリ解消する鼻すい器。鼻に当たる部分が丸く、鼻粘膜を傷つけず、鼻の穴にぴったりフィットする。ママの口元で調節し、奥の鼻水も確実に取れ、どんな姿勢でも逆流しない。吸った鼻水は中間ボトルにたまり、分解・水洗いもできて衛生的。

こちら使用しましたが吸引力はその人のパワー次第、取れなくはないですが体力かなり消耗します。価格も安いし持ち運びできますので外出用には良いのではないでしょうか。

スマイルキュート

・小さな本体でもパワースマイルと同じポンプを搭載。
・収納に便利なコンパクト設計でとっても軽量。
・吸引した鼻水は”鼻水吸引キット”にたまるので、ホースや吸引瓶が汚れにくくお手入れ簡単。
・鼻水吸引キットには3種類のシリコンゴム製のオリーブ管が付属していて、小児から成人まで使用可能。

現在のエースはこちらです。機械式の吸引器ですから親は楽です。吸引力も強いので入口付近の鼻水はほぼ取れるでしょう。ノズルの種類が豊富なのでいろいろ工夫して使用すればかなり奥のほうまで取れそうです。ただ音がある程度はあけりますので子供は怖がります。お昼寝前など嫌がりますが取ってあげるとぐっすり寝てくれます。メンテナンスもさほど大変ではないです。うちも購入を迷いましたが買って良かったと思う商品でした。

わが家の掃除機の先にママ鼻水トッテ!?

・マキタのハンディクリーナーの先にママ鼻水トッテをビニールテープで固定したもの(笑)

ネットで調べたところそのようにやっている方がいて試しのですが掃除機の吸引力に対して吸い込み口が小さすぎるのか全く吸ってくれませんでした。しかしその吸引力で本当に吸えてしまったら事故が起こりそうです、スマイルキュートの取説を読んでいて思いました。

まとめ

風邪の時は鼻水をこまめに取ってあげなければならないし幼児は頻繁に風邪を引きますので使用頻度からすると2万円の商品を購入しても決して高い買い物ではないと思います。お子様のいる家庭、特に保育園に通われているお子様のいる家庭では必需品ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。