少しのイメージの違いも妥協するな!自分に厳しく完成を目指す!キッチン快適化計画ー再破壊編ー

スポンサーリンク

図面なしイメージだけで始まったこの計画、やはりいろいろ問題が出てきます。

今回は問題というよりイメージと少しだけ違っただけですが。。少しのイメージ違いなんですが作業はかなり大掛かりになってしまいました。

ツライチって大切

前回破壊したキッチンボード、何度も眺めて完成を想像してみるとやはりキッチンとカウンターはツラが合っていないとかっこ悪い。Tottoは車のタイヤも※ツライチじゃないと嫌なんですということで再度、柱の長さをカットしてボードを削ってツラを合わせる作業をします。
 

ツライチ
面一(つらいち)とは二つの面の間に段差がなくフラットな状態のこと。突き合わされた部材に「段差がない状態」であること。車の用語としてはフェンダーとタイヤの面がフラットになった状態。ツライチだとディーラーに入庫できない場合もありますのでお気をつけください(笑)

大掛かりな破壊

石膏ボードのごみを出したくなかったので破壊は最小限に抑えて化粧板で覆って隠してしまおうと計画しておりましたがこれでは作業しにくいのと仕上がりが悪くなりそうなので石膏ボードを大幅に撤去することにしました。

まずはクロスをはがします。これは簡単まだ3年しか経っておりませんのでペリーっときれいに剥がれます。

そしてボードを剥がします。粉塵を出したくないのでボードのビスを探して外しボードをきれいに剥がしました。

ボードに打ってあるビスはこんな感じで掘り当てていきます。素人なのでこのような方法しか思いつきませんでした。

しかしビスが見つかった時の気持ち良さがたまらなく快感でとても楽しく作業できました。

石膏ボードはこんな感じできれいに剥がせました。粉塵もさほどでませんでしたので成功でしょう。そしてキッチンの面に天板が揃うように柱の長さをカットしていきます。これはまたノコでカットしていきますのでなかなか大変な作業です。見ての通りノコを引くスペースがあまりないので大変なのと裏の石膏ボードは生かさなきゃならないので穴はあけられません最後までノコできれませんのでストレスが溜まります。精度もどうなることやら。。

上の天板の厚さに合わせて板をカット

しかしなんとかやり切りました。一番端の壁についている柱はドリルでたくさん穴をあけてカットし最後にやすりで削って整えました。長さは計っておりますがフリーハンドでカットしてますから精度が心配。

天板が3cmなのでキッチンの面から3cm下がったところまでボードを削ります。キッチンに張り付いているのはキッチンボードです。これは残しておかないとおそらく消防法で引っかかるのだと思います。やり方は地味にカッターで削っていきました。

これは地味な作業ですがつまらないしきれいに仕上がらないから大変でした。天板で隠れてしまうので少々荒れてても大丈夫です。

組み立て

天板を支える板を付けるとこんな感じになります。それなりに見えます(笑)

3か所で水平を図りましたら大体水平取れていました。手ノコでもまずまずの精度が出せるんですね。

そして天板を支える板からはみ出している石膏ボードをまたまたカッターで削ります。これをちゃんとやらないと天板とシンクに隙間ができちゃいます。

そしてなんとなくの雰囲気が見たいので軽く天板を固定したいと思います。このボロボロな状態を見続けているとちゃんと完成するのかと不安で心が折れそうなので。。

天板付けるとこんな感じになりました。まずまずイメージに近い感じになってきました。

天板は同じ物を並列に並べる予定ですがそれを固定する方法を模索中です。

 改造前  改造後

まとめ

今回ちょっとのイメージのズレのせいでとっても大掛かりな作業になってしまいました。すべてが初めての作業なのでしょうがないと思いますが家族はきっとちゃんとできるのかときっと心配していると思います(笑)

今回の反省点
・今回だけじゃありませんが図面はちゃんと作りましょう。
・下地で妥協すると二度手間、三度手間になるので手は抜かない。

少し完成が見えてきましたのでこの勢いで最後まで仕上げていきたいです。。

しかしそんな気持ちが前向きなときにわが子が風邪をひいてしまいました。

今後の作業は丸ノコを使うことが多いので子供が近づいたら危険なのでしばらく中断です。

いろいろ作業していると欲しい電動工具増えていきます。。

キッチン快適化計画ー組み立て編ー

2018.10.13

キッチン快適化計画ー破壊編ー

2018.10.01

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。