スポンサーリンク

キッチン快適化計画ー破壊編ー

スポンサーリンク

上手くいかなかったらどうしようという気持ちと快適なキッチンへのあこがれが交錯してしばらく放置しておいたキッチン快適化計画逃げていてもダメなのでそろそろ実行しようと思い立ち上がったTottoです!!

内部はどうなっているのでしょうか?

まずは内部をコンセントがついていた穴から恐る恐る携帯を突っ込んで確認してみました。

なるほど、2×4材で枠組みを作り石膏ボードで回りを固定しているのですね。小さく見えますがカウンターの固定はコーススレッドで裏から打ちぬいてるようです。

ボードに穴をあけていきます

内部の構造が見える範囲で大体わかりましたから穴をあけて破壊していきましょう。今回はごみをあまり出したくないので既存のカウンターの土台は極力残して作業します。

なので最小限の穴で行きます。っていうか怖かったのでまずは小さく穴をあけました。。

もちろんもう後戻りはできません。

ビビりながら穴をあけてみたのでこんな小さな穴です、しかしこれでは何もできません。

今度は大胆に行きますよ!

もう後戻りはできなくなってしまったので次は大胆に行きます。大体の予想のラインを決めて丸ノコで一気にカットします。

粉塵がすごい。。けほけほ。。石膏ボードは簡単に加工できますが粉塵がとてつもなく出ます。家の中が一撃で真っ白になりました。これはきれいに掃除しないとママに怒られる。。。

丸ノコではカットできない場所はこちらの鋸で切ります。

カット終わりましたらボードを力ずくではがしていきます。これもまあまあ粉塵出ます。。

あっ、下についていたテーブルは邪魔だったので先に外しておきました。

きれいに剥がれました。

カウンター撤去

穴があきましたのでこれでやっとカウンターを固定していたコーススレッドに手が届きます。はずしていきましょう。穴が小さいのでインパクトドライバーを中に入れて作業してます。

カウンター取れました。最終的には穴が小さすぎてインパクトドライバーが入らないところがあったので穴拡大、石膏ボードにカッターで切れ目を入れて手でもぎりました(笑)

丸ノコよりは粉塵が出ないのでカッターで切れ目を入れて折る、この方法でよいでしょう。石膏ボードは最終的には化粧板で覆ってしまうので隠れて見えなくなる予定ですなので汚くなっても問題ありません。

キッチンボード

続いてキッチンボードの破壊です。

これ厄介です。取り付けの時はアクリルカッターで切れ目を入れてパキッて簡単に折れてきれいに加工できるのですがいざ外すとなると石膏ボードに正面テープで圧着されてますのでなかなか取れませんでした。しかもカッターで切れ目を入れているのですが境目はグダグダ。。でもやるしかありません。グズグズにましたが地道にぽろぽろはがしていきました。

カウンターを固定していた枠の天板を外します。これは再利用しますのできれいに外しました。

新カウンター枠組み

新カウンターの枠組みを作ります。新カウンターの高さに柱をカット。木を切る道具は丸ノコしかありませんのでこの状態の柱を私の技術ではカットできません。ですのでのこぎりで人力で切りました。このガチャガチャな感じは少々不安になりました。ちゃんとイメージ通りに出来上がるのかな(汗)

素人ののこぎりの精度なので高さが狂っていないか心配です。。

上の板取り付けました。かなり微妙です。もう一度外して柱の高さを調整してみようと思います。

まとめ

今日はこれで時間切れとなってしまいましたので片づけして終わろうと思います。

しかし片づけも大変です。どこも養生しないで作業していましたので家の中真っ白。石膏ボードのカスは家庭用掃除機のフィルターの目がすぐに積まります。先が思いやられますが気持ちを新たに後日続きをやりたいと思います。

今回の反省点
・養生できるところはしたほうがいいです。

・どんなにぐずぐずになっても完成のイメージを持って強い気持ちで前に進む

・今後のDIYの為にもレシプロソーは必要かも

以上キッチン快適化計画ー破壊編ーでした。

キッチン快適化計画ー組み立て編ー

2018.10.13

少しのイメージの違いも妥協するな!自分に厳しく完成を目指す!キッチン快適化計画ー再破壊編ー

2018.10.05
スポンサーリンク

マキタ充電式レシプロソーこれ欲しい!!バッテリーも我が家の物と互換性があるのでいいかもです。工具が増えればやれることも増えるので♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

何でも自分でやりたくなるタイプ、でこれまでいろいろな物を分解して成功や失敗を繰り返してきました。勝率は7割程度。新米パパでもありますので子育てや子供のイベント、東京近郊の遊び場、おもちゃレビューなどに関する記事もアップしていきます。最近はAmazonレビュアーランキング上位を目指してAmazonレビューもがんばって投稿しております。